要望通りの設計プランを立てるなら評判の良いフレッシュハウスへ!

自宅に適した方法で

屋根

施工方法もいろいろ

雨漏りがする場合や、古くなった屋根を新しくさせたいときには、思い切ってリフォームをしましょう。大切な自宅を水の侵入から守り、長持ちさせるためには屋根のリフォームが欠かせません。屋根のリフォームに対応している施工業者に依頼すれば、適切な方法で行ってくれます。まずは素材の種類や適用範囲を知り、しっかりと確認した上で業者に連絡しましょう。施工で用いられる工法は、既存の屋根の上に重ね葺きするカバー工法と、既存の屋根を撤去し、新しく葺き替える方法があります。カバー工法はスレート屋根に施工可能な工法で、撤去費用をかけずに行うことができます。特に、腐食に強く、耐熱、熱反射に優れたガルバリウム鋼板による重ね葺きが向いています。既存の屋根を撤去して行う葺き替え施工では、主に瓦やトタン選択して行うことになります。瓦を選択する場合は、重量の関係上既存の瓦から新しい瓦への葺き替えがほとんどです。元々瓦の重量を計算に入れて設計されている家屋に適している方法となるので覚えておきましょう。機能性とともに低コストでの施工を望むであれば、トタンでの葺き替えリフォームが最適です。特に重い瓦屋根からのリフォームは、家屋の負担を減らすことにもつながるためとても適しています。屋根のリフォームを行っている施工業者に依頼すれば、現在の状況を見極めた上で適切な方法を提案してくれるので、思い立ったら調査見積もり依頼を出してみましょう。